貧血の詳しい原因〜鉄分不足はなぜ起こる〜

貧血の原因の多くは鉄不足

貧血は、血液中のヘモグロビンが正常に作られず、不足している状態です。
ヘモグロビンの主原料は鉄ですから、貧血の多くは鉄不足が主な原因になっています。
鉄は尿や便に含まれて排出されたり、抜け毛や?がれた皮膚に含まれて毎日確実に失われるものなので、
きちんと摂取しなければすぐに鉄不足に陥ってしまいます。

 

鉄欠乏性貧血

貧血の約7割は、赤血球の原料である鉄分が不足することによって起こる「鉄欠乏性貧血」です。
鉄欠乏性貧血は、比較的治りやすい貧血なのですが、貧血全体の7割も占めていることを考えると、「なりやすい貧血」ということでもあります。
ですから、特に気をつけて、意識的に鉄分を摂るようにしなければ十分な量を摂れない可能性もあります。

 

貧血の症状

 

鉄不足に陥る原因

鉄不足に陥る原因は主に2つあります。
1つは鉄の摂取量が必要量よりも不足しているため、もう1つは失われる鉄の量が摂取量を上回っているためです。

 

偏った食事をしている場合はもちろん、バランスのとれた食事をしているつもりでも、不足しがちなのが鉄分です。
鉄分を多く含む食材を取っているつもりでも、吸収率が悪い非ヘム鉄だと1〜2%しか吸収されません。
ですから、鉄分を食事で摂る場合は、意識的に摂るようにしないと不足してしまうのです。
一方、失われる鉄分が多い場合というのは、女性の月経や出産、授乳時などを想像するとわかりやすいでしょう。
また、胃潰瘍や痔、ガンなどの病気による出血などで少しずつ時間をかけて出血している場合にも鉄不足に陥りがちです。

 

食生活が原因の鉄分不足

1日に必要な鉄分の量は、性別や年齢などによって異なります。

 

閉経後の女性や、成人男性が摂るべき1日の鉄分量は、10mgと言われていますが、それは、鉄の必要量が1日1mgで、吸収率が10%として計算されているからです。
つまり、食事から10mgの鉄分を摂取しておけば、必要な鉄を補えると考えて10mgという数字が出ているわけですから、出血によって鉄分を失う人や、成長過程で鉄を大量に必要とする人はもっと鉄分が必要になるわけです。

 

ちなみに、成長期の男性や月経がある女性の場合は1日に12mg、妊娠中の女性は18mg摂ることが望ましいと言われていますから、かなりの量になります。
その量を毎日コンスタントに摂り続けなければ鉄不足に陥ってしまうのですから、鉄不足になり易いということもよくわかるでしょう。

 

鉄の吸収が悪いために起こる鉄分不足

食べ物に含まれる鉄分は、消化器官から吸収され、体内に取り込まれます。
しかし、鉄分は栄養素の中でも特に吸収率が悪く、健康な人であっても、吸収率が10%前後しかありません。
ですから、消化器官の病気などが原因で鉄がうまく吸収できない人は、もっと吸収率が下がってしまいます。
つまり、何らかの病気が原因で鉄分の吸収率が落ちている人はただでさえ不足がちな鉄分が、更に不足した状態になってしまうということです。

 

慢性的な出血が原因の鉄分不足

胃や十二指腸に潰瘍ができている場合や、大腸がんなど消化管にがんができている場合は、その潰瘍やがんの部分から少しずつ出血が続くことがあります。
これが痔からの出血であっても、だらだらと続く場合には、トータルではかなりの量の鉄分を失うことになるのです。
女性の場合には、子宮筋腫や子宮がんなどの患部からも継続的に出血が続くことがあり、気がつかないうちに少しずつ鉄分が失われた結果、急に貧血の症状が起こって病気が明らかになるということもあるのです。

 

月経による出血

また、このような慢性的な出血の中には、女性の月経も含まれます。
月経による出血は1月当たり平均45mlですから、鉄分で換算すると20mg以上の損失となります。
月経の際の出血は潰瘍やがんなどの患部からの出血よりも量が多い分、鉄分の損失も大きくなりますから、月経のある女性は、特に必要な量の鉄分をきちんと摂取するように普段から心がけておかなければならないのです。

 

鉄の必要量が増える時期がある

必要量の鉄分を摂るように心がけていても、摂取不足になりやすい時期があります。
例えば、子供の成長期や発育期は、身体を作るために大量の血液を必要とします。
また、妊娠や授乳期などは、母体に必要な鉄分の他に、赤ちゃんの分の栄養を作るためにも鉄分が余分に必要になります。
他にも、激しい運動をする人も、赤血球の寿命が短くなったり破壊される量が増えたりして、生産が追い付かず鉄分不足に陥ることがあります。

 

ダイエットや偏食は貧血の大きな原因!

食事の偏りは鉄不足を起こしやすいため、貧血の大きな原因の1つです。
特に、ダイエットのために同じものばかりを食べ続けたり、カロリーの低さだけを考えてメニューを考えたりしていると、鉄不足になりがちですから気を付けましょう。
また、簡単に食べられるおにぎりや菓子パン、カップめん、ファーストフードなどを摂りすぎると、鉄分は明らかに不足します。

 

鉄不足以外にも貧血の原因はある

「腎性貧血」の場合は、腎機能の低下のためにエリスロポエチンの分泌量が減り、赤血球を作る能力が下がったことにより貧血になっています。
他にも、再生不良性貧血や溶血性貧血のように、重篤な病気のせいで貧血になっている場合もありますから、鉄を摂取しても貧血が改善しないときは、早めに病院を受診しましょう。

 

貧血の症状を伴う病気

先程も述べたように、貧血の原因は「鉄分不足」だけではありません。
ここからは、貧血の症状を伴う恐ろしい病気を紹介していきます。

 

貧血の原因は鉄不足ばかりではない

貧血の症状が起こる原因には様々なものがありますが、そのうち最も多いのは、何らかの出血が原因となっているケースです。

 

大量の出血に限らず、少量の出血が長時間続く場合にも貧血の症状が起こります。
出血により血液が減ると、足りなくなった血液を補うために新しくヘモグロビンや赤血球を作ろうとするわけですが、出血に伴って大量に鉄分を失ってしまっているために、必要な鉄分が確保できず、血液不足の状態が続いてしまうのです。

 

一般的に貧血というと、この鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」を指すことが多いのですが、この鉄欠乏性貧血であっても、目に見える大量出血によるものばかりでなく、知らぬ間に進行している病気の影響で症状が出ていることも少なくないので注意が必要です。
また、この他にも、DNAが合成できなくなったり、赤血球を自ら破壊してしまったりするような重篤な病気の影響で貧血が起こるケースもあります。

 

貧血は重い病気のサインである可能性もありますから、症状が続く場合は精密検査で原因を明らかにするようにしましょう。

 

腎臓疾患が原因の貧血

腎臓で生産されるホルモンの1つにエリスロポエチンという因子があります。
このエリスロポエチンは、赤血球を生産する際、骨髄に赤血球の分化を促進するよう働きかける重要な役割をしているホルモンです。
しかし、腎不全のような重篤な腎臓疾患があると、エリスロポエチンの生産が低下したり、生産自体がされなくなったりするため、赤血球の生産が不足し、貧血の症状が起こります。
腎臓疾患によるエリスロポエチン不足が貧血の原因であることが明らかな場合は、エリスロポエチンを補充する治療を行い、貧血の改善を図ることになります。

 

肝臓疾患が原因の貧血

慢性肝炎や肝硬変など、重篤な肝臓疾患の場合、貧血の症状が起こる割合が全体の3分の2にも及びます。
肝臓疾患に伴い、脾臓の機能が亢進したり、赤血球膜の脂質異常が原因で溶血したり、消化管で出血が起こったりすることが多く、鉄や葉酸が欠乏しやすいためです。

 

内分泌疾患が原因の貧血

甲状腺や副甲状腺、下垂体、副腎皮質などに疾患がある場合、貧血のリスクが高くなります。
そのため、内分泌系の疾患を持つ患者さんには定期的な血液検査が必要になります。

 

悪性腫瘍が原因の貧血

悪性腫瘍が原因の場合、がん患部からの出血だけでなく、貧血の原因はいろいろと考えられます。
例えば、

  • 消化器官の働きが悪くなり、鉄分を初めとする造血に必要な成分の吸収に障害が起きているケース
  • がんの骨髄転移によって造血機能自体がうまく働かなくなっているケース
  • 腎臓に障害が起きて腎臓疾患患者と同じ理由で貧血が起こっているケース
  • 抗がん剤の副作用により骨髄の造血細胞が減ってしまっているケース

などが考えられ、それぞれが複雑に関係している可能性もあります。

 

先天性な原因による貧血

ヘモグロビンや赤血球自体の異常や、骨髄の造血作用に問題があるために起こる貧血もあります。
先天性に異常のある場合は小児期に症状が発症することがほとんどですが、程度が軽い場合は、大人になって症状が進行してから気がつく場合もあります。

関連ページ

貧血の詳しい症状
貧血の食事.netでは、貧血症状・鉄分不足を予防・改善する食事療法を詳しく紹介しています。貧血に効果のある食べ物や栄養素を使った簡単レシピや即効性のあるサプリなども紹介します。原因を知って元気なカラダを作りましょう!
貧血の詳しい種類・病気と治療方法
貧血の食事.netでは、貧血症状・鉄分不足を予防・改善する食事療法を詳しく紹介しています。貧血に効果のある食べ物や栄養素を使った簡単レシピや即効性のあるサプリなども紹介します。原因を知って元気なカラダを作りましょう!