貧血の詳しい種類・病気と治療方法

貧血は、血液中の色素であるヘモグロビンの濃度が低下し、体内の酸素供給がうまくいっていない状態です。
一口に貧血と言っても、原因によっていくつかの種類があるため、その症状に合わせた適切な対処をする必要があります。

 

女性に多い「鉄欠乏性貧血」

「鉄欠乏性貧血」は、読んで字のごとく、鉄不足により引き起こされる貧血です。
ヘモグロビンは鉄を主原料とする金属製のタンパク質ですから、必要な鉄分量が体内に無いときはヘモグロビンの生産量が減ってしまいます。
月経や出産、授乳などで鉄分を失いやすい女性に多く、貧血全体の約7割を占めるメジャーな貧血です。
しかし、治療しやすい貧血でもありますから、鉄欠乏性貧血であることがわかったら、鉄分を含む食事を摂るように心がけたり、鉄剤を服用したりして、症状の改善を図るようにしましょう。

 

適切な治療が必要な「失血性貧血」

「失血性貧血」は、大量に血液を失うことによって起こる貧血です。
大けがや手術による大量出血が原因となっている「急性失血性貧血」と、胃潰瘍や痔、過多月経などにより、長時間にわたり少しずつ出血が続くことによって起こる「慢性失血性貧血」があります。
血液を失うことによって起こる貧血なので、元になっている出血が止まらないと貧血の症状も治まりません。
特に、大量に失血すると命にもかかわりますから、早めに適切な対処をするようにしましょう。

 

失血性貧血の治療法

失血性貧血を治療するには、まずは止血処置を行い、それから輸血を行います。
失われた血液を補充してあげる必要があるんです。
ただ、輸血用の血液が間に合わないような状況の時は、減少した循環血液量を補うために血液製剤や血液代用剤を用いる事もあります。
失血性貧血は、その出血の量によっては命に関わる事もありますから、こういった緊急処置をまず行うんです。
それから、鉄剤の点滴や服用によって貧血状態から回復させます。
失血性貧血になった場合は、かなり体内の鉄分も減少していますから、回復後も当分は鉄剤を投与して貯蔵鉄を回復させる事に努めます。
また、出血個所に対する治療も行います。
慢性失血性貧血の場合は、疾患部の治療と共に鉄剤投与を行います。

 

裏に重篤な病が隠れている「続発性貧血」

「持続性貧血」は、重篤な病気の影響で起こっている貧血です。
心臓や肺、肝臓、腎臓などの内臓疾患や、リウマチ、慢性感染症などの他、ガンが原因となっている場合が多く見られます。
持続性貧血の症状を改善するためには、原因となる疾患の治療をする必要があります。

 

続発性貧血の治療法

続発性貧血を治療するためには、多くの場合、貧血を引き起こしている元の疾患を治療する事が必要です。
基礎疾患を治療する事で、続発性貧血の症状は改善する事が多いんです。
ですから、続発性貧血の治療法は、基礎疾患によるという事になります。
腎不全が原因で貧血を起こしている場合は、赤血球の造血を促すホルモンの分泌を高めるために、エリスロポエチンによる治療が効果的だと言われていますし、内分泌疾患を原因とする続発性貧血の場合は、足りないホルモンを補充する事で治療を行います。
また、鉄欠乏性貧血を併発している続発性貧血の場合は、鉄剤を用いた治療を行います。
慢性的に貧血を起こしている時は、原因になっている疾患を見つけるための検査が必要になります。

 

手術や薬の影響による「ビタミン B12欠乏性貧血・葉酸欠乏性貧血」

「ビタミン B12欠乏性貧血・葉酸欠乏性貧血」は、骨髄で赤血球を作るときに使われるビタミンB12や葉酸が欠乏するために起こる貧血です。
「ビタミンB12欠乏性貧血」は、高齢者や胃の切除手術を行った人に多く、「葉酸欠乏性貧血」は妊娠中の女性に多く見られます。
薬の服用で胃の粘膜に損傷がある場合にも、ビタミンB12が欠乏しやすくなるので、損傷した粘膜の治療をしながら、ビタミンB12をサプリメントなどで補うようにします。
葉酸不足になりがちな妊婦は、葉酸を多く含む食材を積極鉄器に摂るように心がけましょう。

 

ビタミン B12欠乏性貧血/葉酸欠乏性貧血の治療法

ビタミンB12や葉酸が欠乏しておこる貧血を悪性貧血とも言います。
悪性貧血の治療は、投薬や注射によって行われるのが一般的です。
ビタミンB12などの欠乏症の人の場合、胃の内因子に問題がある事が多いため、食事から不足している栄養素を摂ってもなかなか吸収されないんです。
そのため、注射や投薬の形で治療が行われます。注射の場合は、1rを週に1〜4回注射しながら数値の改善を目指します。
通常は6週間程度で症状は改善されるんですが、改善しない場合は生涯注射を続ける必要があります。
経口投与による治療は最近行われるようになったもので、通院の手間も省けますし、痛みもありませんから、今後広がっていく可能性があると言えるでしょう。

 

造血機能の低下による「再生不良性貧血」

「再生不良性貧血」は、骨髄の造血機能自体が低下して起こる貧血です。
ですから、赤血球だけでなく、白血球や血小板など、血液のすべての成分が不足しているのが特徴です。
「再生不良性貧血」の約8割が原因不明の「原発性再生不良性貧血」で、残りの約2割が放射線や抗がん剤、鎮痛剤、抗生物質など、病気治療の際に起こる「2次性再生不良性貧血」です。

 

再生不良性貧血の治療法

再生不良性貧血の治療は、造血機能の回復を目的として行われます。
その治療法は主に三つのものがあります。

免疫抑制療法

これは、免疫抑制剤を投与する事で造血幹細胞を攻撃しているリンパ球の働きを抑制させるもので、シクロスポリン、ATG、ALGなどの薬剤を投与します。

骨髄移植

骨髄提供者に全身麻酔をかけ、骨盤のあたりから注射で正常な骨髄液を採取し、それを患者に点滴によって移植する方法です。
主に重症の患者に適用される治療法です。

タンパク同化ステロイドを投与

タンパク同化ステロイドを投与する治療法もあります。
これは、酢酸メテノロンという薬剤を投与する事で赤血球の産生に影響するホルモンを増やし、造血幹細胞を増やす効果が期待されています。
ただ、筋肉増強や女性の男性化徴候などの副作用が起こる場合もあるため、女性患者への投与は特に慎重に行われます。

 

赤血球が破壊されて起こる「溶血性貧血」

「溶血性貧血」は、赤血球自体が破壊されてしまうために起こる貧血です。
元々赤血球には寿命があり、およそ120日なのですが、何らかの原因によりその寿命が10分の1程度にまで極端に短くなってしまったために引き起こされます。
「溶血性貧血」には、先天性と後天性のものがありますが、最もよく知られているのが、血球を破壊する抗体が生成される「自己免疫性溶血性貧血」です。
専門医による治療が必要な重篤な貧血です。

 

溶血性貧血の治療法

溶血性貧血の治療は、溶血の原因によって分かれています。
脾臓での溶血が原因の溶血性貧血の場合は、手術で脾臓を摘出する事が有効です。
また、免疫性の溶血性貧血の場合はステロイドホルモンの投薬を行うなど、溶血の原因に応じた薬物療法が採用される場合もあります。
ヘモグロビン尿症の場合は鉄の補充療法がおこなわれる場合もあるようです。
ストレスが原因で溶血性貧血を起こす場合もあります。
そういった場合は感染症の予防や体を冷やさないようにする、などといった方法が治療に有効です。
溶血性貧血は、その程度によっては治療をせずに経過を観察する場合もあります。

関連ページ

貧血の詳しい症状
貧血の食事.netでは、貧血症状・鉄分不足を予防・改善する食事療法を詳しく紹介しています。貧血に効果のある食べ物や栄養素を使った簡単レシピや即効性のあるサプリなども紹介します。原因を知って元気なカラダを作りましょう!
貧血の原因と病気
貧血の食事.netでは、貧血症状・鉄分不足を予防・改善する食事療法を詳しく紹介しています。貧血に効果のある食べ物や栄養素を使った簡単レシピや即効性のあるサプリなども紹介します。原因を知って元気なカラダを作りましょう!