隠れ貧血って何?〜隠れ貧血チェックをしよう!〜

みなさん「隠れ貧血」という言葉をご存知でしょうか。
これは、検査結果は正常なのに貧血の症状が起こるというもので、潜在性鉄欠乏症とも言います。
これは検査の方法を替えれば調べることは可能です。
しかし、なかなかそこまで検査を行う人はいないのが現状です。
隠れ貧血とはどのようなものなのでしょうか。
解説していきます。

 

貧血の検査方法

まず、貧血の検査の方法を見てみましょう。
貧血とは赤血球が不足していることを意味しますが、これは赤血球のサイズとヘモグロビン濃度から診断されます。
健康診断の血液検査では、「ヘモグロビン:Hb」という項目であらわされ、男性だと13r以下、女性だと12r以下で貧血と診断されます。
隠れ貧血の方はこのヘモグロビン値は正常なのに貧血という状態です。
貧血症状は風邪や疲労、低血圧などと症状が似ているので血液検査に異常がなければ見過ごされやすいのですが、隠れ貧血を見つける検査があります。

 

フェリチン検査

隠れ貧血の人は、ヘモグロビン値を調べても判別できませんが、フェリチンの検査で判明します。
フェリチンとは血液中に漏れ出てくる貯蔵鉄のことです。
鉄分が本当に足りているかどうかを調べるには、予備の鉄分も調べる必要があります。
血液中のヘモグロビンがなんとか正常値でも、予備の鉄が枯渇している状態では健康とは言えません。
フェリチン検査は通常の健康診断の検査項目にはありませんが、採決をやっている病院やアンチエイジング外来などで受診できます。
貧血の疑いがある人なら内科や婦人科などで保険適用で調べることも可能です。

フェリチンとは?

フェリチンとは主に肝臓に蓄えられている鉄のことです。
鉄は血液中のヘモグロビンの材料となります。
ヘモグロビンは体中を循環し、栄養や酸素を体に行き渡らせます。
しかし、ヘモグロビンが不足すると人の体は酸欠を起こし、様々な悪影響が体に表れます。
それを防ぐために、人の体には鉄分が貯蔵されています。
それがフェリチンなんです。

 

鉄分の貯蔵量

鉄分は通常は普通の食事をしていればそれほど不足することはありません。
本来は普段の食事で十分賄えるはずなのです。
しかし、激しい運動などで血液中の鉄分が普段よりも多く代謝されると、ストックがない場合はすぐに体に不調をきたしてしまいます。
それを防ぐために体にはフェリチンとして鉄分を貯蔵しているのです。
この貯蔵量はおよそ900r〜1000rと言われています。
鉄分を含むものをいくらたくさん食べても腎臓によって分別され、過剰な分は体外に排出されてしまいます。
そのため、体内の貯蔵鉄フェリチンがこれ以上増えることはないのです。

 

フェリチンがなくなったら

フェリチンがすべてなくなってしまっても、体はミネラルを必要とし本来ヘモグロビンとして合成されるはずの鉄分まで使用することになります。
そうすると、ヘモグロビンが足りなくなるため体に酸素の供給が十分にできなくなります。
この状態で発症する疾患が鉄欠乏性貧血です。
貧血を起こしやすい人はこのフェリチンが常に足りない状態になっていると思われますから、意識して鉄分を摂取しなくてはいけません。
食事だけで補うことができなければ、サプリメントを活用する必要もあるでしょう。

 

隠れ貧血チェック!

髪の毛がよく抜ける
寝起きが悪くだるい
疲れやすい
クマができやすい
風邪をひきやすい
食事制限をしたことがある
睡眠不足
首や肩のコリがある
顔や爪の色が悪い
肌荒れやくすみがある

 

上記の症状のうち、4つ以上当てはまれば隠れ貧血かもしれません。
通常の健康診断では分からない隠れ貧血ですが、その疑いがあれば病院でフェリチン検査を受けてみましょう。

 

→貧血の原因・症状と、隠れ貧血に効果のある食事レシピ・サプリ・飲み物を見る

 

おすすめ鉄分サプリ

隠れ貧血は、今は軽い症状だと思っていたり、疲れやすさや肩こりなどが当たり前の事だと思って放っておくと、怖い症状や病気になりかねないものです。
例えば、

  • 不妊症
  • 異食症
  • むずむず脚症候群
  • 睡眠障害

なども引き起こす場合があります。
ですから、毎日の生活できちんと鉄分を摂ることが重要です。

 

食事で鉄分を摂るのが難しいという方は、サプリメントも有効です。
貧血に効果のある成分(鉄・葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC)が入って、無添加、有機野菜にこだわるなど、安全面もしっかりとしているサプリ「美めぐり習慣」などの鉄分サプリもぜひ有効活用しましょう。

 

美めぐり習慣の詳細や購入は公式サイトからご覧ください!

 

美めぐり習慣公式サイト