肩こりと貧血の関係<原因は酸欠!?補うには?>

日本人の多くは、肩こりの経験があると言われています。
この記事を読んでいるあなたも一度は肩こりを経験したことがあるはずです。
首から肩にかけて、筋肉がこわばって重くだるく感じたり、痛みを感じたり、人によってその不快感はそれぞれですが、時には頭痛やめまいを起こすようなひどい内容のものもあります。

 

肩こりには、運動不足や同じ姿勢を続けることによるストレス、筋肉疲労、筋肉の未発達など多くの原因がありますが、実は貧血が肩こりと大きな関係があることをご存知でしたか?
そこで今回は、肩こりと貧血の関係について簡単にお話していきたいと思います。

 

肩こりと貧血の関係

肩こり

貧血とはさまざまな原因で血液中の赤血球の数が減少し、またそれによってヘモグロビンの含有量も減少してしまうことでそれによって、体全身に必要な量の酸素が行き渡らず、体にさまざまな悪影響が出てしまう事をいいます。
もちろん、貧血によって肩の筋肉も酸素が欠乏してしまいます。
筋肉ぬおいて酸素が欠乏してしまう状態になると、筋肉内の疲労物質をうまく排出することができなくなり、疲れが溜まってしまいます。
これがさきほども述べた筋肉のこわばりに繋がってくるのです。
しかも、細い繊維が集合している組織である筋肉は、一本の筋が酸素不足に陥って、こわばってしまうと他の筋繊維をも圧迫してしまうので、酸素がうまく回らず、血液の循環が悪くなり、こわばりが連鎖して肩こりが起きてしまうのです。

 

なので、肩こりにお悩みで貧血の症状も持ち合わせている人はまず、貧血を改善することから始めてみましょう。
多くの貧血患者が貧血を改善することで自動的に肩こりも解決しています。

 

貧血はさまざまな悪影響を及ぼし、万病の元です。

◯食生活を改善し、鉄分が多く含まれる食品を摂取する
◯鉄分の吸収を妨げる飲料や食品は避ける
◯鉄分サプリメントを摂取する
◯自分の運動状態を再チェックする

 

など生活の改善に努めましょう。

 

酸欠とは?酸素を補うには?

肩こりと貧血の関係は理解して頂けたと思います。
貧血の原因の一つとして挙げられるのが「酸欠」。
そこで、今回は貧血と肩こりと酸欠の関係について調査していきたいと思います!

 

酸欠とは?

貧血にも様々な要因がありますが、血液中の赤血球が破壊されたり、それによって酸素を全身の組織に行き渡られる役割があるヘモグロビンが体外に排出されることによって、体を動かすために必要な酸素が組織に行き渡らず、さまざまな不調を起こす病気です。

 

貧血になるともちろん、肩を流れる血管にも酸素が不足するようになり、肩の筋肉の組織にも酸素が行き渡らないという状態が起きてしまうのです。
筋肉に酸素が行き渡らないと、筋肉には疲労物質が蓄積されます。

 

なぜなら、そのような疲労物質は酸素がないとうまく排出することができないからです。
このような必要な箇所に酸素が行き渡らないことを一般的に「酸欠」といいます。

 

この筋肉組織の酸欠は、先ほども述べたように筋肉に疲労物質を蓄積させるだけではなく、筋肉にある本来の弾力を失わさせ、硬くなってしまいます。
これがいわゆる筋肉のこわばりです。
そして、これが肩こりに直結しているのです。

 

また、筋肉の組織は細い繊維の集まりのようになっているので、一本が酸欠でこわばってしまうと、他の筋繊維をも圧迫して血液の循環を悪くしてしまいます。
すると連鎖的に肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

酸素を補うためには、血液中の赤血球の数やヘモグロビンの数を増やしましょう!
食生活を見直したりサプリを摂取したりと、色々試してみてください!