妊娠中の貧血症状とは?初期・中期・後期の改善方法や影響などを紹介!

女性は貧血になりやすいと言われていますが、今まで貧血になったことない!という女性でも貧血になりやすいのが妊娠中です。
妊娠初期からすぐ貧血になり、中期〜後期にまで症状が出てしまうかたもいらっしゃるそうです。
では妊娠中におこる貧血とはどんな症状なのでしょうか?
赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?原因や改善方法と共に、紹介します!

目次

妊娠した女性の画像

妊娠中に貧血になる原因は?


妊娠中の貧血の原因はいくつかありますが、その中でも大多数の方が陥ってしまうのが、「鉄分不足」です。
鉄は血液中に存在するヘモグロビンの原料であり、ヘモグロビンは酸素を血液中に運ぶ役目を担っています。
つまり、鉄分不足になると結果的に体に十分に酸素が回らなくなり、貧血になってしまうのです。
それではなぜ、妊娠中は大事な鉄分が不足してしまうのでしょうか。

 

赤ちゃんに栄養を送るため

赤ちゃんの成長は、母親のへその緒から血液で栄養をもらうことによりできています。
そのため母親が食事などをして身体に入った栄養や鉄分などは、赤ちゃんに優先して巡るようになっています。
つまり母親が摂取する鉄分が元々少ない場合、赤ちゃんではなくまずは母親が鉄分不足になり貧血になってしまうのです。

 

血液の変化

赤ちゃんは、上記で記載した通り母親のへその緒から血液で栄養を送ってもらい成長します。
そのために、妊娠中は血液量が1.5倍にもなります。
この時に鉄分が足りていない妊婦さんの場合、血液の液体の部分が増えるだけでヘモグロビンは増えず、血中酸素濃度が薄まってしまうんです。
今まで以上に鉄分を摂りヘモグロビンを生成しないと、貧血になってしまうことがわかります。

 

妊娠初期の貧血の症状や赤ちゃんへの影響は?


妊娠初期の貧血の症状は、実は自覚症状がないかたもいらっしゃいます。
定期健診で「貧血」といわれ、驚いたかたもいらっしゃるそうです。
では、妊娠初期に多い症状はどんなのでしょうか。

 

妊娠初期の貧血の症状
  • 身体がだるい
  • 動悸・息切れ
  • 視界が暗くなる
  • めまい・立ちくらみ

などが代表的です。
そして、妊娠初期はつわりの症状もありますよね。
つわりは人それぞれ症状が違うものですが、人によっては水分を摂るのもままならないほど重い症状のかたもいます。
そのせいで十分な栄養が補給できず、鉄分が不足し貧血になってしまいます。
しかし吐き気がひどいせいで、立ちくらみがあっても貧血だと気づけないかたもいらっしゃるようです。

 

吐き気のある女性の画像

 

妊娠初期の貧血は赤ちゃんに影響がある?

妊娠初期は、赤ちゃんにとって様々な器官を形成するとても重要な時期になります。
そんな大事なときに貧血になって影響があったらどうしよう…と不安ですよね。
どんな影響があるのかを、ここで紹介したいと思います。

 

自覚症状がないほど軽度なかた

つわりもあまり重くなく、病院の定期検診で初めて「貧血」だと知った…、そんなかたは母親自身にまだそんなに影響が出ていないため、赤ちゃんにちゃんと優先されて栄養がいっていることになります。
なのでそれほど心配はないですが、赤ちゃんの成長に伴い貧血の症状が酷くなってしまうかもしれません。
鉄分を多く含んだ食品を食べるよう心がけるなど、対策をしっかりしておくと安心です。

 

貧血の症状にほぼ当てはまるかた

なんかずっとだるい…、動悸や息切れがひどくて動くのが辛い…、そんな重度の貧血が疑われるかたは、医師の指示をもらい適切な対応をしてもらうことをおすすめします。
母親自身はもちろん、赤ちゃんにも必要な鉄分などが供給されていない可能性があります。
それが続いてしまうと、赤ちゃんが育ちにくくなってしまったり、思わぬ早産を引き起こしてしまうこともあります。
貧血だからと甘く見ず、病院へ相談しましょう。

 

妊娠初期の貧血と流産は関係ある?

貧血になったり、身体の変化があると「流産したらどうしよう」と不安になりますよね。
ですが、妊娠初期の貧血が直接的に流産と関係するということはあまりないようです。
しかしめまいや立ちくらみで転倒してしまうなど、関節的な要因になりうることはあります。
そんな悲しいことにならないよう、病院へ相談したり、食生活を見直すなど対策をしておくと安心ですね。

 

妊娠中期〜後期の貧血の症状は?赤ちゃんへの影響はあるの?


妊娠した女性の画像2

 

妊娠中の貧血は、初期だけではありません。
赤ちゃんはお腹の中でどんどん成長を続けていきます。
胎盤も、赤ちゃんの成長に合わせて大きくなります。
そのため赤ちゃんの成長に伴って、血液の量も鉄分も初期よりさらに必要になり、妊娠中期〜後期も貧血になりやすくなっていきます。

 

妊娠中期〜後期の貧血の症状

妊娠中期〜後期の貧血の症状としては、

  • 息苦しさ
  • 動悸・息切れ
  • 顔が青白くなる
  • 手足の感覚が変わる
  • 口内炎、舌炎などの粘膜の症状

などがあります。
妊娠初期より重い症状が出てしまっている印象がありますね。
しかし妊娠中期頃になるとつわりの症状が軽くなってきて、吐き気がないだけで体調が良いと感じ、貧血の症状を気にしないかたもいるそうです。
妊娠中はストレスも身体に反応が出やすいため、無理をせず辛いときは病院に相談したり、安静を心がけましょう。

 

妊娠中期〜後期の貧血は赤ちゃんへ影響はあるの?

妊娠中期〜後期は形成されてきた体を大きく成長させる時期となるので、貧血による形成の異常は起こりにくいとされています。
しかし貧血の症状が重い状態が続いてしまうと、「低体重出生児」となってしまうことも考えられます。
また、妊娠中期〜後期にかけて気をつけていきたいのは、出産時のときです。
出産時には、人それぞれ差はあるものの、絶対出血があるものです。
そのときに貧血状態だと、輸血が必要になったり、ショック状態になり意識を失ったまま一日過ごしてしまった…なんてことになりかねません。
自分の身体と赤ちゃんが出産後も元気に過ごすため、妊娠中期〜後期の貧血の改善をしていきましょう。

 

妊娠中の貧血の改善方法


貧血の症状を、自分でも改善できるよう対策したい!
そんなかたのために、妊娠中におすすめな改善方法を紹介します。

 

食生活を工夫して貧血を改善!

妊娠した女性の画像3

 

妊娠中の鉄分の推奨摂取量は、厚生労働省が以下のように定めています。

妊娠初期    18歳〜29歳→8.5mg  
        30歳〜49歳→9.0mg

妊娠中期〜後期 18歳〜29歳→21.0mg  
        30歳〜49歳→21.5mg

 

どのくらい鉄分を摂ればいいのか、わかっているだけでも安心に繋がりますよね!
食事で鉄分を摂取するときに覚えておきたいのが、鉄分の種類です。
鉄分には、肉や魚など動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や海藻類などに含まれる「非ヘム鉄」の2種類があります。
ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて体に吸収されやすいのですが、肉や魚を沢山食べる必要があり、つわりがある妊婦さんには辛いものかもしれません。
一方非ヘム鉄は野菜や海藻に含まれるので、つわりのある妊婦さんも食べやすいのですが、吸収率があまりよくないので他の食材と組み合わせるなど工夫して食べなければなりません。

 

鉄分を多く含む食べ物とは?「ヘム鉄」って何に入ってるの?

鉄分を多く含む食べ物でよく聞くのはやはりレバーですよね!
少量でたくさんのヘム鉄を摂取できるとてもありがたい食材なのですが、レバーはビタミンAも多く含んでいます。
妊婦さんがビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんの発育が悪くなったりしてしまうことがあります。
そのため、赤ちゃんを形成する期間である妊娠初期は、レバーを食べるのは控えましょう。
レバー以外だと、ビーフシジャーキーなどが手軽で食べやすいと思います。意外なところだと、うずらの卵もヘム鉄が含まれています!
魚だと、マグロの赤身にヘム鉄が含まれています。マグロは良質なたんぱく質も含まれるため、お刺身で食べるのがおすすめです。

 

では「非ヘム鉄」を多く含む食べ物は?

非ヘム鉄を多く含む食材は、ほうれん草や小松菜、切干大根、納豆などです。
特に納豆は、違う栄養分も多く含まれるためおすすめです。
切干大根やほうれん草などは、おひたしにするなどして副菜として食べるのが良いでしょう。

 

サプリを飲んで貧血症状を改善!

サプリメントの画像

 

今は妊婦さん向けに、専用のサプリメントが販売されています。
つわりでどうしても栄養がとりにくい…など、困った事情があるかたなどにおすすめです!

 

妊娠初期のかたに特におすすめ!葉酸もとれるサプリ

妊娠初期に摂取するようおすすめされている「葉酸」。
その「葉酸」も摂取できるおすすめサプリを紹介します!

 

おすすめサプリ

ベルタ葉酸
葉酸400μg、鉄分15mg、野菜19種類、ビタミンミネラル27種類、カルシウム250mg…などなど妊婦さんにおすすめな栄養分が多数入ったサプリメントです。
つわりの時にも飲めるようサプリの形状を小さめにするなど、妊婦さんのために工夫を凝らしてあり、飲みやすくておすすめです。

 

美的ヌーボプレミアム
葉酸400μg、鉄分15mg、カルシウム250mg、DHA&EPA…など29種類の栄養成分が配合されている栄養サプリメントです。
なんと美的ヌーボプレミアムは、100%天然成分の無添加サプリメント!!
100%天然成分なので、安心感が違いますね。

 

最後に

妊娠中は不安なことがとても多いと思います。
貧血にならないよう対策をとるだけで安心感が違うものだと思うので、ぜひ参考にしてください。