アスリート必見!スポーツ貧血って知ってる?マラソンには注意!?

皆さんは貧血になったことがありますか?
体がフラフラしたり、耳鳴り、めまい、動悸や息切れ、疲れを感じやすくなったり、顔色が悪くなったり、挙げればきりがありませんが、貧血になったことがある人は多いと思います。
しかし、「スポーツ貧血」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。
ないという方がほとんどだと思います。
そこで、今回は巷で話題の「スポーツ貧血」についてお話していきたいと思います。

 

貧血とスポーツの関係性

実はトップレベルのオリンピック選手のうち、男子は10%、女子は20%がこの貧血に苦しんでいると言われています。
また、血液検査には引っかからなかったとしても、ヘモグロビンの量がかなり減ってしまっている選手も多くいるといいます。
では、早速そのメカニズムについてお話していきましょう。

 

スポーツ貧血の原因は?

スポーツ貧血は、特にマラソンやバレーボール、バスケットボールのような足の底に衝撃があるようなスポーツや、剣道のように体全体に衝撃が加わりやすいスポーツをしている人がなりやすいと言われています。
衝撃が加わった箇所で血液中の赤血球が破壊される溶血と呼ばれる現象が起き、貧血の原因となる鉄分の流失が起きてしまいます。

 

また、運動の急性期には血液の量が急激に増えて、薄まってしまう現象が起きることがありますが、これもスポーツ貧血の原因です。
また、比較的ハードなスポーツを継続する場合もスポーツ貧血に陥りがちです。

 

汗

夏に特によく排出されるは多くの鉄分を失わせます。

また、尿からも鉄分は失われますし、よく長距離の陸上選手にあるのが血便、いわゆるタール便による鉄分の流失です。
成長期の女子選手では、月経による出血がこれらの貧血に拍車をかけますので、注意が必要です。

 

スポーツ貧血の症状と治療法は?

スポーツ貧血の症状としては、一般的な貧血と同じようなものが多いですが、ぼーっとしてしまって集中力が失われてしまうので、記憶力が低下したり、伸び悩んだりすることがスポーツをするにあたっては懸念されます。
治療としては、食習慣の改善はもちろん、鉄分のサプリメントを使用したり、練習内容を見直したりすることが時には必要でしょう。

 

マラソンランナーが貧血になりやすい理由とは?予防策は?

夏になってきて気温も高くなり、夏バテや熱中症に注意しなければならない時期になってきました。
しかし、夏に体調不良になったからといって、夏バテや熱中症が原因とは限りません。
例えば、マラソンランナーなどの陸上の長距離選手は夏によく貧血で倒れることがあるそうです。

 

マラソンランナーが貧血になる理由

マラソン

先述した通り、マラソンのようにハードな運動状態を続けるようなスポーツ選手はスポーツ貧血になりやすく、スポーツ選手は避けることができないのが現状です。
汗からの鉄分流出、尿からの鉄分流出、陸上選手に多いタール便、血便からの鉄分の流出などによって、血液中の鉄分濃度が低くなり、貧血が引き起こされます。

 

マラソンランナーがスポーツ貧血を予防するには

基本的には、食生活の見直しや、鉄分サプリの摂取、練習方法や時間の見直しが大切です。
食事は、以下のものをたくさん摂ってください。

・ほうれん草
・まぐろ
・メロン
・オレンジ
・小松菜
・牡蠣
・レバー(牛・豚・鶏)
・牛乳
・鶏もも肉
・ひじき

 

貧血にはレバーが良いというのは有名ですよね。
レバーが苦手だという人は多いですが、マラソンランナーの方は絶対に欠かせない食品です。
自分でうまく工夫して、レシピに取り入れてみてくださいね!